「ついやってしまいがちなこと」育児で思い出す自分の過去

スポンサーリンク

育児はトライアンドエラーの繰り返しだ!

夕方って、なんだかいつもバタバタしますよね。。

夕飯の準備と、その日が終わる焦燥感と…

赤ちゃんがぐずるので、夕飯準備はいつも、時間勝負

毎日、焦りながら料理しています。

なにせ、あまり要領が良くないので、

頭で必死に、その日の献立と、調理手順を考えながら、

行き当たりばったり調理!笑

その間に、子どもが話しかけたり、質問してきたり、ケンカしたりしているので

その対応も、同時に適当にこなします。

だから、あまり子どもの方を見ずに、対応しちゃってて。。

先日、買ったばかりのおもちゃ(ウルトラマンの変身アイテム)が

落ちる音がしました。「ガチャン!」

私は、息子ちゃんが投げ置いたと瞬時に判断し、

即、「おもちゃ大事にしないんだったら、もう買わないからね!怒」と怒鳴りました。

息子ちゃんは、「投げてない~」と何やら、もごもご言っていましたが

こちらに、言い訳を聞く余裕はありません。

ぷりぷりしながら、夕飯準備をしてたのですが、

瞬間、すごく鮮明にある記憶がよみがえったのです。

なぜか忘れられない、子どもの頃の苦い思い出

私が子どもの頃、

父が、ゴルフの景品でお米をもらってきたことがありました。

「すごいだろ~」と自慢げにニコニコしていて、

私も父が嬉しそうなのが、嬉しくて、お米を持ち上げて喜んだりしていました。

で、そのお米を降ろそうとした際に、重たくて「ドス」っと落としてしまいました。

すると、間髪入れずに父が

「オレが一生懸命やって、取ってきたものを、なんでそんな風に投げるんだ!」って怒鳴ったんです。

さっきまで、ニコニコしていた父の変わりようにビックリしたのと

自分の何気ない行動が、すごく悪意あるものに取られて、とてもショックでした。

その場にいた母も、「そんな大したものじゃないのにね」みたいな

トンチンカンなフォローを入れてきて(笑

誰も、私の言い分を聞いてくれようとしないことが、悲しかったことを、急に思い出しました。

反省と謝罪

私、息子ちゃんに同じことやってるやん!

自分がやられて、あんなにショックだったのに、あっさり加害者になってる!

とても、衝撃を受けました。。

っていうか悲しかった。。

私は、自分の親より、「人の気持ちが分かってあげられる人」だと勝手に思っていたけど

あっさり、そうじゃない事実に気づいて、ガーンという感じだった。

なので、その後、息子ちゃんにきちんと謝りました

子どもであっても、結局は1対1の人間同士ですから

やっぱり、誠実な対応が必要なんだよねぇ。。

親子や家族だからこそ、こういうの忘れちゃダメですね。

その他

父親との思い出には他にも、苦いものがいくつかあって、

今でもよく思い出して、モヤっとイラっとするのものが。

父は、合気道の師範を一時期やっていて、武道が得意だったのです。

機嫌がいい時には、ときどき、私にも合気道を教えてくれていたので

ある日、「今日も合気道教えて~」とせがんだら

やるには、やってくれたのですが

超乱暴!教えるんじゃなくて、ただ、数回張り倒して

「難しいだぞ、分かったか!」みたいな捨て台詞を残して、去っていったことがありました。

本人は、全然覚えていないだろうけど、

私は、今でもこのことを思い出して、ひどいな~、イラっとするな~と思います。

(なんでこういう記憶って忘れられないんだろ、いらないんだけどな。笑)

やりたくないなら「今日は疲れてるからまた今度」とか言えば、すむ話じゃない?!

自分が楽しく教えてくれたことがあるから、子どもは懐いて、再度せがんだのに

自分都合で、その対応を180度変えるなんて、ひどすぎる。。

子どもってこういう理不尽なこと、意外にずっと覚えていたりするものなんですよね。。

私だって、いつも余裕がないし、気分屋だけど

なるべく子どもには、1人の人間として、誠実に対応したい。

しまったな~と思ったら、きちんと謝りたい

きっと、全部はムリだけど、こういう納得できない親の思い出

みたいなものはなくして

楽しい思い出の方を、たくさん作ってあげられたらなと思うのでした。

みなさんにも、そいういう苦い思い出みたいなの、ありますか??

コメント

タイトルとURLをコピーしました